タイ南部 森林の中の賭博場を摘発 地元民の苦情で県知事が命令

タイ南部ナコンシタマラート県で警察と軍部が7月10日、ノッピタム郡の森林に中に設けられた違法賭博場を手入れ。闘鶏などのギャンブルに興じていた男21人、女5人の計26人を逮捕した。逮捕者には地元の役人も含まれていた。

違法賭博場については、地元民から当局に苦情で出ており、これが県知事に報告され、今回の摘発となった。

地元民によれば、賭博場を仕切っていたのは地元の有力者。さらに、賭博で負けた者が盗みを働いたりして犯罪が増加していたとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る