ラオス人女性9人をカラオケバーから救出 売春を強要 タイ東北部

タイ版FBIと呼ばれる法務省特別捜査局(DSI)は7月11日、東北部ウボンラチャタニ県デートウドム郡のカラオケバーで売春をさせられていた少女1人を含むラオス人女性9人を保護したと発表した。

これらの女性は人身売買の犠牲者とみられている。DSIによれば、ラオス人女性による売春について通報があり、これに基づいて手入れが行われ、9人を保護することになった。

関連記事

ページ上部へ戻る