バンコク都心撃ち合い事件 容疑者1人が出頭

バンコク中心部のプラトゥナム地区で10月7日に起きた敵対グループ同士の撃ち合いで流れ弾に当たりインド人旅行者が死亡し4人が負傷した事件で、容疑者1人(28)が8日、パヤタイ署に出頭してきたところを逮捕された。首都圏警察ではさらに容疑者5人を逮捕すべく手続きを進めている。

また、現場に残されていた空薬莢から撃ち合いに自動小銃AK47が使われた可能性が濃厚であるが、出頭してきた容疑者が自動小銃で発砲した人物かどうかはまだ明らかにされていない。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る