宝くじに当選し無料覚醒剤パーティー開催 38歳の男を逮捕 

バンコクの西隣サムットサコン県で8月8日、知人などを自宅に呼んで無料で覚醒剤を使わせていた容疑で38歳の男が逮捕された。

容疑者はもともと野菜を売って生計を立てていたが、昨年7月に宝くじに当選して1200万バーツの賞金を手にしてから生活が一変。新しい家に引っ越し、そこに呼んだ知人や友人に無料で覚醒剤を使わせていたとのことだ。この話が広まり、警察に逮捕されるに至ったという。

警察による家宅捜索で、自宅の庭に埋められていた覚醒剤などが発見された。

関連記事

ページ上部へ戻る