元区議会議員殺害容疑でミャンマー人出稼ぎ労働者を逮捕 バンコク

バンコク都バンスー区の区議会議員だった男性(72)が先に自宅で殺害された事件で、警察当局は8月12日、バンコクの西隣サムットサコン県マハチャイでミャンマー人出稼ぎ労働者の男を逮捕した。

警察によれば、製氷工場を経営したりLPガスを販売したりしていた被害者は自宅2階の食器棚の中で死亡しており、鈍器で撲殺された痕があったほか、身につけていたネックレスが紛失していた。

逮捕されたミャンマー人は家の修理を頼まれて被害者宅に出入りしていたとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る