外国人犯罪者5人を逮捕 容疑は強盗、詐欺、なりすましなど

タイ警察庁入国管理局は8月13日、強盗、詐欺、なりすましなど犯罪4件に関与したとされる外国人5人を逮捕したと発表した。

このうち強盗容疑のパキスタン人とインド人はそれぞれサムットプラカン県とバンコクで逮捕。2人はネット上にタイのレストランで働き口があるという偽りの広告を出し、これを見てタイにやって来た人たちから金品を奪っていたとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る