患者1人から約1900個の胆石を摘出 タイ東北部

東北部ノンカイ県のターボー・クラウンプリンス病院によれば、このほど同病院で患者の胆嚢から大量の胆石を摘出したが、その数が1898個と非常に多く、同病院における最高記録となった。

患者は胆管炎を患っており、その影響で非常に大量の胆石ができたという。

1994年に開業した同病院で一人の患者から摘出された胆石数の過去の最高記録は09年の920個。

関連記事

ページ上部へ戻る