ホテルでバカ騒ぎのノルウェー人、英国人男性を絞殺 プーケット

タイ南部プーケット県のホテルで8月22日、騒音を巡る口論が暴力沙汰に発展し、ともに泊まり客であるノルウェー人の男が英国人の男性を絞殺する事件が起きた。

警察によれば、武闘家とされる容疑者は妻とともに宿泊していたが、酒に酔ったせいか室内で大きな物音を立ており、ホテル側から2度にわたり静かにするよう注意されていた。

だが、騒音はやまず、近くの部屋に妻と1歳8カ月の息子と泊まっていた英国人男性(34)が午前4時ごろ、ステーキナイフを手に容疑者に静かにするよう求めたところとっくみあいになった。

そして、左肩の辺りをナイフで刺された容疑者が、男性の首をロックして窒息死させたという。

一方、男性の妻は、男性がナイフを手にしていた事実はなく、また、容疑者がバルコニー伝いに部屋に侵入してきたと説明している。

関連記事

ページ上部へ戻る