中国人 タイ人妻を殺害し国外逃亡か インターポールが追跡

タイ警察によれば、中部ピサヌローク県で9月2日、41歳の女性が自宅で殺害されているのが見つかった。夫の中国人男性(41)はすでにスワンナプーム空港から出国しており、警察は国際刑事警察機構(インターポール)を通じて男性の居場所を突き止めようとしている。妻は半裸の状態で手足を縛られており、頭部と顔面に深い傷があったという。

夫婦は豆乳を作って販売して生計を立てていたが、近隣住民によれば、過去に夫が妻に暴力を振るったことがあったとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る