女性がマイカーにひかれ死亡 サイドブレーキのかけ忘れか

東北部ナコンラチャシマ県ムアン郡(県庁所在地)で9月3日午後10時ごろ、元看護師の57歳の女性が自宅の門の近くで乗用車にひかれて死亡しているのが見つかった。

乗用車は女性が普段運転していた車で、警察では女性がサイドブレーキをかけるのを忘れたかブレーキが不十分な状態で車外に出ていたところを、動いてきた車にひかれ死亡した可能性が高いとみている。

関連記事

ページ上部へ戻る