建設会社社長が子供を幼稚園に送る途中に撃たれて死亡 下請け業者とトラブルか

タイ南部ソンクラ県ハートヤイ郡で9月6日午前7時半ごろ、大手建設会社を経営する男性(34)が4歳の娘を乗せてオートバイを運転し自宅から200メートルほど離れた駐車場に着いたところで何者かに射殺されるという事件が起きた。

男性は駐車場に止めてあった自分の車で娘を幼稚園に送ろうとしていた。オートバイが駐車場に着くと停車していた自動車の窓ガラスが開き車内から発砲されたという。娘にけがはなかった。

建設会社の従業員によると、男性は仕事が終わっていないにもかかわらず代金を請求する下請け業者とトラブルになっていたという。警察はこの業者の関与を疑っているとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る