公園のレンジャーが泥沼にはまった4トンの野生象を8時間かけ救出

タイ東北部サコンナコン県からの報道によれば、同県とカラシン県にまたがるプーパーン国立公園で9月8日、野生象1頭が泥沼にはまって動けなくなっていたことから公園のレンジャー約30人が8時間以上かけ泥沼から救出した。

この象は体重約4トン、49歳のメス。助け出された象は森に帰っていったという。

関連記事

ページ上部へ戻る