タイ北部 2カ月で7回摘発 覚醒剤3230万錠など押収

関係当局の発表によれば、今年8月1日から9月20日までに北部における摘発で覚醒剤の原料である化学薬品25トンと3230万錠に及ぶ覚醒剤を押収した。

同期間中の摘発は計7回。チェンライ県1回、チェンマイ県6回となっている。なお、押収した化学薬品で2兆5000億錠の覚醒剤を製造できる計算になるという。

関連記事

ページ上部へ戻る