タイ北部で大量の覚醒剤を押収 運搬車が検問所突を破後、運転手は逃走

北部チェンライ県で10月6日、警察が自動車に積まれていた大量の覚醒剤を発見、押収した。

警察がチェンセン郡の道路に検問所を設けていたところ、乗用車が停止の合図にもかかわらず検問を突破して逃走。その後、追跡し追いついたものの、運転していた者は逃走したあとだった。車内からは300万錠と粉末40キロの覚醒剤が見つかった。

関連記事

ページ上部へ戻る