イタリア人殺害で建設業の男を逮捕 愛人が被害者と浮気したことに激怒

東北部コンケン県クラヌアン郡で10月20日、イタリア人男性(58)が殺害された事件で、警察当局は21日、建設業の男(45)を殺人の疑いで逮捕したと発表した。

警察によれば、容疑者には1年ほど前から愛人(32)がいたが、最近になり連絡が取れなくなっていた。このため、尾行するなどして行動を調べたところ、愛人がホテルに投宿中のイタリア人男性とつきあっていることが判明。これに激怒した容疑者は20日にホテルからオートバイで出かけたイタリア人男性の後をつけ射殺。一度は東北部カラシン県に逃走したものの、思い直して警察に出頭して逮捕された。

関連記事

ページ上部へ戻る