2000万バーツ積まれるも軍鶏手放さず 「家族の一員」

バンコクに隣接するサムットプラカン県からの報道によれば、闘鶏でチャンピオンとなった有名な軍鶏を買いたいという人が現われたが、この軍鶏を育てた同県バンプリー郡在住の女性ブッサリンさんは、「この軍鶏を愛しているので売れない」と断ったという。過去にこの軍鶏を2000万バーツで飼いたいという人もいたが、売らなかったとのことだ。

今回購入を申し出たのは、タイ・スヌーカー協会のスントン会長。この種の軍鶏が好きで、この種を保存するために軍鶏を譲ってほしいと申し出た。

しかし、ブッサリンさんによれば、彼女が所有する軍鶏は息子のような存在で、また、これまでに闘鶏で勝って彼女とその家族に数百万バーツをもたらしてくれており、手放すことはできないとのことだ。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る