チェンマイ 資産家女性殺害事件 警察長官、知人とみられる容疑者追跡

北部チェンマイ県で仏教の戒律に従った生活、行いをするために同県に滞在していたとされる中部サムットプラカン県の資産家の女性(58)が滞在中の民家の冷蔵庫から遺体で見つかった事件で、チャクティップ警察庁長官がこのほど、容疑者を速やかに捜し出すよう命じたとのことだ。

警察庁の広報担当者によれば、女性は親しくなった男(39)に殺害された可能性が高く、また、一部で「容疑者逮捕」と報じられたが、男の所在は現在も不明のままとのことだ。

また、関係筋によれば、この事件には容疑者の男の知り合いなど男女2人が関与している可能性があるという。

関連記事

ページ上部へ戻る