スワンナプーム空港で1キロのコカインを飲み込み密輸しようとしたケニヤ人女を逮捕

麻薬制圧委員会事務所によれば、スワンナプーム空港で11月2日、1キロを超えるコカインを飲み込んでタイに入国しようとしたケニヤ人の女を逮捕した。

この女はアンゴラからのフライトでタイに到着した後、X線検査で胃に1・2キロのコカインであることが判明、逮捕された。

なお同日、東北部ノンカイ県の国境検問所ではタイ人の女(19)が3キロのコカインをラオスからタイに持ち込もうとして逮捕されている。

関連記事

ページ上部へ戻る