違法薬物容疑で逮捕の女 保釈直後に密売で再逮捕

東北部ブリラム県サトゥック郡で11月16日、違法薬物の所持で逮捕された妊娠5カ月の女(29)が保釈直後に薬物を密売し再び逮捕された。

女は先に所持品から覚醒剤が見つかったことで逮捕された。その後、保釈が認められたが、その日のうちに建設現場で覚醒剤2000錠を所持していたところを逮捕された。

女は取り調べに対し、自身が薬物中毒であることを認め、また、あるラオス人に頼まれてこれまでに複数回覚醒剤を密売したことがあると自供したという。

関連記事

ページ上部へ戻る