道路脇に切断された赤ん坊の遺体 犬が発見 タイ東北部

タイ東北部コンケン県で12月9日、学校近くの道路脇で赤ん坊の切断された遺体が見つかった。正午ごろにオートバイで通りがかった人が犬が異常に興奮していることから、その場所に行ってみると切断された赤ん坊の遺体があったため警察に通報した。

警察によれば、赤ん坊は生後4~5カ月とみられ、鋭利な刃物で切断されていた。腐敗も進んでおり、今のところ性別は判明していない。

関連記事

ページ上部へ戻る