タイ中部 運河に沈んだ車から頭蓋骨 殺人容疑で2人逮捕

中部サラブリ県プラプッタバート郡で先に運河に沈んでいた自動車から発見された頭蓋骨がDNA鑑定などで3年前から行方不明になっていた女性のものであることが判明。警察が捜査して殺人事件と断定し、12月24日、同地の肥料会社のオーナーの男と従業員の男の2人を殺人容疑で逮捕した。

警察によれば、女性は肥料会社の営業担当。運河から見つかった自動車は女性のもので、何者かに殺害されたと思われる形跡があった。警察では、恋愛関係のもつれや嫉妬が殺害の動機とみている。

関連記事

ページ上部へ戻る