詐欺容疑の女が警察に出頭 容疑を否定 被害額は8億バーツ超え

タイ警察によれば、東部チョンブリ県で夫とともに詐欺を繰り返した容疑で逮捕状の出ていた金の小売業者である女(58)が東北部コンケン県で1月6日、警察に出頭した。これまでに確認されたこの夫婦による詐欺の被害者は165人、被害額は8億4500万バーツにのぼるという。

2人は金塊の購入を持ちかけるという手口で詐欺を繰り返していたとされるが、容疑を全面的に否認している。

関連記事

ページ上部へ戻る