不法入国のカンボジア人僧6人を逮捕 お布施を実家に送金

バンコクに隣接するサムットプラカン県で1月6日、不法入国などの容疑でカンボジア人の僧侶6人が警察に逮捕された。これらのカンボジア人は森の中で生活し、托鉢で得た現金をカンボジアの家族に送金していたとのことだ。

警察によれば、6人は不法入国を認めたことから最寄りの寺で還俗させ、逮捕したとのことだ。

警察には、付近の住民から「寺に寝泊まりせずに森の中で生活し、托鉢で喜捨された現金を本国に送金しているカンボジア人たちがいる」との通報があったことから6人が逮捕されることになった。6人はカンボジアに強制送還される見通し。

関連記事

ページ上部へ戻る