受刑者4人が相次いで死亡 法相が調査命令 食事提供業者に疑い

中部ピサヌローク県の刑務所で12月29日から1月4日までに受刑者4人が死亡したことについて、ソムサク法相は6日、調査を命じたことを明らかにするとともに、食中毒が原因であれば食事を提供している業者を訴えるつもりだと述べた。

4人の死因に関しては現在、調査が行われており、2週間うちに結果が出る見通し。受刑者3500人を収容している同刑務所では先に保健当局によって健康チェックが行われたが、その結果、680人の脈拍に異常が見られたほか48人が症状が重く病院に入院した。

関連記事

ページ上部へ戻る