タイ中部の金製品店強盗事件 重要参考人の男性から聞き取り

タイ中部ロッブリ県で商業施設内の金製品店に銃を持った男が押し入り店員など3人を殺害して金製品を強奪した事件で、チャクティップ警察庁長官は1月19日、強盗犯が持っていたのと似たバッグを所持するなど強盗犯の可能性のある男性から聞き取りを行っていることを明らかにした。だが、男性についてはそれ以上の情報は明らかにしなかった。

長官は先に「犯人が陸路で国外に逃亡した可能性があり、捜査対象が絞られてきた」などとしていたが、この男性については「捜査チームは取り調べに長けており、強盗犯でなかったら解放される」と述べている。

関連記事

ページ上部へ戻る