少女を集団レイプ 被告11人に有罪判決 禁固2年~45年

2016年に少女(現在14歳)が集団レイプされた事件で、南部パンガ県の裁判所は10月25日、被告11人に禁錮刑の有罪判決を言い渡した。禁錮の期間は7人が2年、2人が15年、1人が45年、1人が20年4か月となっている。

被告は、少女を暴行する様子を携帯電話で撮影し、その後も「言うことを聞かないと動画を公開する」などと脅して少女と関係を持っていたとのことだ。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る