プーケットでオーストリア人男性が転落死 昨年12月に入国

タイ南部プーケット県カトゥー郡で2月5日夜、パトン地区にある高層ビルのバルコニーからオーストリア人男性(68)が転落して死亡した。

地元警察によれば、12階のバルコニーから男性が転落したとの通報が午後10時過ぎにあったという。男性は昨年12月19日に観光ビザでタイに入国していた。警察が転落の原因などを突き止めるため捜査を行っている。

関連記事

ページ上部へ戻る