息子が母親を殺害 違法薬物中毒で日ごろから家庭内暴力

タイ西部カンチャナブリ県ターマカー郡で2月8日夜、女性(54)が自宅で頭部に重傷を負った状態で死亡しているのが見つかった。警察によれば、女性を殺害したのは36歳の息子で、違法薬物の影響による陶酔状態で犯行に及んだ可能性が高いという。

近隣住民によれば、息子は薬物中毒で、口論して母親に暴力を振るうことがしばしばあったという。

関連記事

ページ上部へ戻る