バラの香りの覚醒剤 密輸容疑で少年ら3人逮捕 ラオス国境

ラオスと国境を接する東北部ナコンパノム県ターウテーン郡で2月17日、400万錠を超えるバラの香りのする覚醒剤をタイに密輸した容疑などで16歳少年を含む3人が逮捕された。末端価格は4億バーツを超えるという。

容疑者はラオスとの国境線をなすメコン川の岸でラオスからボートで持ち込んだ覚醒剤の入った袋を運んでいるところを捕らえられた。このうちの1人は取り調べに対し、「知り合いから3000バーツで運搬を頼まれた」と自供している。

関連記事

ページ上部へ戻る