タイ南部のゴム園内に女性の遺体 違法薬物の過剰摂取か

タイ南部ナコンシタマラート県で2月18日、ゴム園内の小屋の中で22歳の女性が口から泡を吹いて死亡しているのが見つかった。近くには覚醒剤の入ったパケットや覚醒剤を使うための道具が放置されていた。

関係筋によれば、女性は覚醒剤の過剰摂取で死亡した可能性があるという。警察によれば、女性が若い男2~3人と一緒に小屋に入るのを見かけた人がいるという。遺体は司法解剖される予定。

関連記事

ページ上部へ戻る