恐竜化石発見現場の観光開発に期待 コンケン県

タイ東北部コンケン県マンチャーキリ郡では10年前に恐竜の化石が見つかっており、現在地元民や専門家から化石発見現場を観光スポットに開発するよう政府に求める声があがっている。

2月24日にはコンケン大学や隣接するカラシン県の地質学専門家らが地元民と具体的にどのような方法で化石発見現場を観光地に開発すべきなどを話し合った。

カラシン県のシリントン博物館の専門家によれば、マンチャーキリで発見された化石は1億年以上前に生息した3種類の恐竜のものとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る