タイ東北部の刑務所で暴動 数人が脱獄 新型コロナ感染の噂が引き金

ソムサク法相によれば、3月29日、タイ東北部ブリラム県の刑務所で新型コロナウイルスの感染者が出ているとのうわさに伴い暴動が発生。受刑者約100人が家具や窓を壊したり、建物に放火したりする暴動が起きた。

刑務所を脱走する受刑者もおり、無期禁固囚を含む数人少なくとも6人がまだ捕まっていない。

同刑務所では、受刑者に新型コロナウイルスの感染者は出ておらず、暴動を起こそうとした者たちが加勢してくれる受刑者を増やそうと虚偽の情報を広めたようだ。

暴動は間もなく鎮圧されたが、騒ぎの最中に受刑者複数人が刑務所から逃げだし、うち7人が捕らえられたが、少なくとも6人が所在不明で地元警察が行方を追っている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る