バンコク隣県のゴミ箱に赤ん坊の遺体 清掃作業員が見つける

バンコクに隣接するノンタブリ県で4月28日、ゴミ箱から生後間もない赤ん坊の遺体が見つかった。警察によれば、清掃作業員が午前7時半ごろ、ムアン郡(県庁所在地)でゴミ回収の作業中にゴミ箱に死後3日ほどの赤ん坊の遺体が遺棄されているのを発見して警察に通報した。

現場の近くに寮に住む女性が赤ん坊の母親とみられ、関係当局が事情を聴取している。

関連記事

ページ上部へ戻る