バンコクで100万錠を超える覚せい剤押収 南部麻薬組織のメンバー逮捕

麻薬制圧委員会事務局(ONCB)によれば、ラオスから持ち込まれ、タイ南部やマレーシアに運ばれる予定だった約100万錠の覚せい剤を5月10日にバンコクで押収した。警察は同日、バンコク都内の民家を家宅捜索し、103万7859錠の覚せい剤を押収するとともに覚せい剤所持容疑などで男2人(34、38)を捕らえた。2人は南部の主要な麻薬組織のメンバーという。

関連記事

ページ上部へ戻る