森林に3歳女児の遺体 警察が殺人事件として捜査開始

東北部ムクダハン県でこのほど、数日前から行方不明になっていた3歳女児が森林の中で全裸で死亡しているのが見つかったことから、警察が殺人事件の可能性が高いとして捜査を開始した。

警察はプーパーヨン国立公園内の森林にキノコ採りに入った女性が青いスリッパを見かけたとの情報を得て森林を捜索して5月14日夜にスリッパを発見し、そこから5メートルほど離れたやぶの中に遺体があるのを発見した。女児が着ていた衣服は周辺に散乱していた。

警察によれば、性的暴行を受けたかも確かめるため死因を特定する解剖を実施。警察は現場で犯人のものとみられる遺留物を採取しており、現在DNA鑑定が行われているという。

関連記事

ページ上部へ戻る