賭博と非常事態宣言違反などの容疑で中国人9人を逮捕

東部チョンブリ県バンラムン郡で6月30日、中国人の男4人が賭博と新型コロナ対策違反の容疑で逮捕された。警察によれば、容疑者らはノンプル区の住宅団地「チョムティエン・パレス・ハウジングエステート」の民家でポーカーをしていたことで、賭博に加え、不要な集まりを禁止する非常事態宣言に違反した容疑が加わった。なお、うち1人はビザが失効しており不法滞在だった。

関連記事

ページ上部へ戻る