二輪暴走行為で若者600人逮捕、1万台押収 住民が騒音に苦情

警察当局はこのほど、6月20日から30日にかけて中部から東北部に及ぶエリアでオートバイの暴走行為を一斉に取り締まり、若者約600人を逮捕するとともにオートバイ1万1743台を押収したと発表した。

この一斉摘発は、6月14日に夜間外出禁止令が解除されたことで夜間にオートバイの暴走行為による騒音がひどくなったという苦情が警察に寄せられたことから実施された。

関連記事

ページ上部へ戻る