行方不明の男児 上半身のみ藪で見つかる

東部チャンタブリ県ムアン郡で7月6日、2日前から行方不明になっていた6歳男児が自宅からわずか200メートルほど離れた藪で遺体で見つかった。遺体は切断されており、発見されたのは上半身のみ。警察によれば、現場近くから男児が着用としたTシャツや下着が見つかったものの、下半身はまだ見つかっていないという。遺体の上半身は死因特定のため最寄りの病院に運ばれ、警察が事件の解明のため関係者や近隣住民から聞き取りを行っている。

関連記事

ページ上部へ戻る