交通死亡事故を起こし逃走した富裕層御曹司 捜査当局が訴追しないことを決定 「金持ち優遇」との批判殺到

エナジードリンク「レッドブル」の創業者の孫であるウォラユット容疑者(38)が2012年に高級スポーツカーでバンコク都内を暴走しオートバイの警察官をはねて死なせて逃走した事件で、捜査当局はこのほど、同容疑者を訴追しないことを決め、これに伴い同容疑者の逮捕状も無効となった。

これに対しネット上では、「金持ちを優遇したもの」といった批判が殺到している。この決定については、23日夜の報道で国民が知ることとなったが、検察などは説明を行っておらず、決定に至った経緯は不明となっている。

関連記事

ページ上部へ戻る