交通事故捜査で「金持ち優遇」との批判 上院議員が独立委員会設置求める

2012年に交通死亡事故を起こし逃走したエナジードリンク「レッドブル」創業者の孫を検察が訴追しないと決めたことに国民の間から批判が噴出している問題で、カムヌーン上院議員は7月28日、検察の決定を検証する独立委員会設置を要求した。

同議員によれば、委員会は独立性を確保するため、委員の半数は検察、警察と接点のない専門家であるべきで、委員長も検察や警察の関係者であってはならないという。

一方、検察庁によれば、検察が訴追しないと決めたことについて、検察官で構成される委員会が検討を行っており、数日中に完了する予定とのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る