小学校のブランコが倒壊 学童が下敷きとなり死亡 タイ東北部

東北部ブリラム県ナーンローン郡で7月31日、学校の校庭で小学一年生の男児がブランコに乗って遊んでいたところ、ブランコが支柱ごと倒れ、その下敷きになって男児が死亡するという事故が起きた。男児の葬儀は8月1日に執り行われた。

男児の母親(37)は報道関係者に対し、「学校の関係者たちが息子を助けようと必死になってくれたので、学校側を訴えるつもりはない。だが、これ以上犠牲者を出さないために学校側には校庭の遊具を改善して安全にものにしてほしい」と訴えた。

関連記事

ページ上部へ戻る