警察との銃撃戦で密売容疑者が死亡 おとり捜査の警官は負傷

警察当局は8月2日、東北部ナコンラチャシマ県コン郡で1日に起きた警察との銃撃戦で麻薬密売容疑者の男が死亡したと発表した。容疑者(38)は7月29日、客を装って接触した私服警察官に発砲し負傷させて逃走。警察が1日、コン郡の2階建て民家の2階に容疑者が潜んでいることを確認したところ、容疑者は民家を取り囲んだ警官隊に対して発砲。これに警官隊が反撃して銃撃戦が約20分に及んだ。反応がなくなったことから民家の中をチェックしたところ容疑者が胸部など5か所を撃たれて死亡していたという。

関連記事

ページ上部へ戻る