賽銭泥棒に手を焼いた寺が情報提供者に1万バーツの報奨金

東北部ナコンラチャシマ県にある仏教寺院が繰り返し賽銭泥棒の被害に遭っているため、このほど犯人逮捕につながる情報の提供者に報奨金1万バーツを提供すると発表した。

このパーセンタムプロムランシー寺では以前から賽銭が盗まれていたため防犯カメラを設置したものの、賽銭泥棒に歯止めがかからないことから、報奨金提供で犯人を特定することにした。これまでに盗まれた賽銭は総額2万バーツにのぼるという。

関連記事

ページ上部へ戻る