プラユット首相の娘が名誉毀損で100人以上を訴える 

プラユット首相の双子の娘が9月2日、ネット上の書き込みで名誉を傷つけられたとして、書き込みをしたとされる100人以上を訴える手続を警察署で弁護士を通じ行った。弁護士によれば、娘2人は悪いことをした者たちが裁かれることを望んでいるという。なお、今回の件にプラユット首相は一切関与していないとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る