精神障害の母親が3歳の娘の喉を切り裂き殺害 自殺未遂も

タイ南部スラタニ県で9月14日夜、プンピン郡のゴム農園内の家で母親(43)がナイフで3歳の娘の喉を切り裂いて殺害するという事件が起きた。警察によれば、精神障害が原因で起きた殺人事件の可能性があるという。

夫(43)によれば、母親にはこれまで精神障害をうかがわせるような言動はなかったが、14日朝、パニック発作を起こし、おびえた様子で「誰かに襲われる」と訴えたという。

いつも父親は長女と母親は3歳の次女と別々の蚊帳で寝ていたが、その日の夜、就寝後に母親がナイフで自分の首を傷つけようとしているのを見つけた父親が慌てて制止したところ、母親の傍らですでに次女が血まみれで死んでいたとのことだ。母親は専門医の診断が必要なことから病院に強制入院となった。

関連記事

ページ上部へ戻る