バンコクの金製品強盗事件容疑者を東北地方で逮捕 別件でも逮捕状

タイ警察の発表によれば、バンコクのスーパーマーケットに入居する金製品店で起きた強盗事件で、警察は9月29日、ラオスと国境を接する東北部ルーイ県で容疑者の男(38)を逮捕するとともに金製品の一部を押収した。

ラオスに逃げ込もうと考えていたとみられる容疑者は警察の取り調べに対し、金製品を奪って逃走したこと、金製品の一部をナコンパトム県の友人の男(37)に渡したことなどを認めたという。この友人も29日に逮捕されている。

なお、同容疑者は昨年7月に東北部コンケン県で起きた金製品店強盗事件でも指名手配されていた。

関連記事

ページ上部へ戻る