暴力教諭 幼稚園側が当局の指導受け注意から解雇に変更

バンコクに隣接するノンタブリ県の幼稚園で教諭の女が複数の園児に暴力を振るっている様子を撮影した監視カメラ映像がネット上に投稿され、教諭らに批判が集まっている問題で、私学委員会(OPEC)事務局のアタポン事務局長はこのほど、幼稚園に対し、暴力を傍観していた教諭の助手にも法的措置を執るよう9月28日に要請することを明らかにした。

同事務局長は、「教諭が園児に暴力を振るうのを助手が黙って見ていたのは暴力を振るのと同罪」と指摘している。

また、同事務局長によれば、問題の教諭について厳重注意とした幼稚園側の対応に「適切ではない」と伝えたところ、その後に幼稚園から教諭を解雇したことを知らされたという。

関連記事

ページ上部へ戻る