動物園機構長殺害は異動を解雇と勘違いしたことが動機か

南部ソンクラ県のソンクラ動物園で10月3日、スリヤ・タイ動物園機構長が同動物園の獣医の男に射殺された事件で、同機構役員会議長のチャワリット氏はこのほど、この獣医や園長など同動物園の関係者4人が一時的に異動となったことが殺害の原因となった可能性が最も高いとの見方を示した。

この動物園では、珍しいアルビノの白いホエジカがいなくなっていたが、スリヤ機構長はこの件について話し合うため動物園を訪れており、関係者4人の一時的異動もホエジカ問題を解明する調査実施のために命じられたものだった。

チャワリット氏は、「(機構長と犯人は)相互理解ができていなかったと思う。(犯人は一時的異動ではなく)完全に解雇されたものと考えていたのだろう」としている。

関連記事

ページ上部へ戻る