タイ東北部で大量の覚醒剤を押収 犯人は逃走

治安当局はこのほど、ラオスと国境を接するノンカイ県で10月13日に2か所で合計21万5000錠に及ぶ覚醒剤を押収したと発表した。最初に押収したのは21万錠で、オートバイに積まれていた肥料袋の中に隠されていた。オートバイを運転していた男は逃走し、警察が行方を追っている。

また、その近くで覚醒剤を運んでいる者がいるとの通報があり、森林内を捜索したところ、覚醒剤5000錠が入った大きな袋が見つかった。覚醒剤を運んできた者は逃走した。

関連記事

ページ上部へ戻る