反政府デモ隊がロシア人男性に頭突き・流血 パタヤ

東部チョンブリ県パタヤで11月9日、反政府デモ隊のリーダー格の男が、小さい娘とタイ人妻を連れたロシア人男性(52)に暴行を働いた容疑で逮捕された。

容疑者が仲間約20人と集まりアジ演説をしていたところ、通りがかったロシア人男性がこれを批判したことから、容疑者が無抵抗の男性にいきなり頭突きを食らわせ流血させた。男性は最寄りの病院に搬送された。父親が暴行を受けたことで小さい娘は号泣。被害者の男性に罵声を浴びせるデモ参加者はいたが、犯人の男をしっかり制止しようとする者はいなかった。

警察によれば、容疑者は保証金1万バーツで保釈されたが、男性が重傷だったり、治癒に時間がかかったりするようであれば、容疑者はさらに重い罪に問われることになるという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る